言語習得について | 英語を勉強しておくことで、得することについて考える
現代社会では必須将来役立つ英語力を学ぶ

言語習得について

言語学には言語習得のことを研究する分野があり、まだ一定のコンセンサスが得られているとはいえない状況ですが、ある程度のことは判明しています。その中で大前提と言えるのは、言語習得に有利な条件。それは、できるだけ年齢が低いことです。実験にて、母国語もまともに覚えていない赤ん坊はどんな言語のどんな発音も区別する能力を備えていることが分かっています。しかし、母国語を覚えていくにつれ、脳がその言語に特化していき、他言語の認識能力が失われていくのです。つまり、歳を取れば取るほど、第二言語習得は困難になっていくということ。でも、どんな歳になっても遅すぎるということはありません。ただ、大事なのは、基礎をしっかり磨く必要があるということです。基礎を先に勉強しておかないと、高いステップへ進んだときに必ず弊害が出てきます。ビジネス英会話を身につけるためにも、まずは基礎力を身につける必要があるのです。

基礎力をつけてきたら、次に大事なのは目的意識を持つことです。第二言語習得のためには年齢を重ねれば重ねるほど不利になります。つまり、上達がどうしても遅くなるということで、嫌になってしまったり、退屈になってしまったり、ということが考えられます。そういったことを起こさないためには、明確な目標を設定することが大切になります。私はビジネス英会話ができるようになるんだ、という意識を強く持ち、そして目的に合った勉強を選びましょう。ビジネス英会話についての教科書を買う、などです。たとえば、英会話教室に通うのも効果はありますが、それだけではなく、自分でいろいろな情報にアクセスすることが大切なのです。ビジネス英会話を習得したらどんなことができるようになるのか、どういったメリットが待っているのか、ということを思い描くことも効果が高いです。今自分に何が必要なのか、何が足りていないのか、などを常に考えながら主体的に学習していけば、きっとビジネス英語を修得することができるはずです。

Copyright© 2015 英語を勉強しておくことで、得することについて考える All Rights Reserved